メルカリで本を売っただけで、3日間で4500円儲けたよ!

暮らし

こんにちは、しろもふママです。

わたしには、ずーっと「やってみたい!」と思っていたことがありました。

 

もうタイトルから察していただけると思いますが…

そうです!『メルカリ』です!

しろもふ
しろもふ

メルカリかよ!笑

 

メルカリなんてもう普及しまくってるサービスなので、誰でも簡単に始められると思うのですが…

わたしは始める前にあれこれ余計な心配をしてしまい、これまで挑戦することができませんでした(笑)

しろもふママ
しろもふママ

だって、梱包や発送の知識ゼロだし!

そもそも、商品を売り出してもどうせ大した金額で売れないだろうしさぁ!

 

まあ、ずっとこんな調子でいたのですが…

ある日メルカリを始めたお友達から「あらゆるものが半額ぐらいの値段で売れた」という情報を聞き、「それはすごい☆彡」とあっさり始めてみたのでした(笑)

しろもふ
しろもふ

儲かるってわかったら、急に勢いづいたんだね…!

 

すると、どうでしょう…

たった3日間、家の中に眠っていた本を売っただけで”4500円”の利益を出すことができました。

しろもふ
しろもふ

なんだか胡散くさい感じがするけどほんとだよ!

自分でもびっくりなんだよ!!

 

前置きが長くなってしまいましたが、、、

今回は、

「メルカリをやってみたいけど、不安で始められない…」

という繊細なボーイズ&ガールズの背中を押したい!と思い、記事を書きました。

しろもふママ
しろもふママ

この記事が誰かの励みになれば、うれしいです♪

スポンサーリンク

”メルカリの第一歩”として、本を売るのはおススメ!

「まだ始めて数日の初心者が何を偉そうに!」と自分でも思いますが…

わたしがメルカリで初めて売った商品は『本』なのですが、これは第一歩として正解だったんじゃないかなと思っています。

そう思った理由はこちらです。

・割れ物ではないので梱包が難しくない。 
・送料を安く抑えられる。

『梱包がむずかしくない』という点で大部分の不安が和らぎ、

『送料を安く抑えられる』という点で利益をあげやすかったので

「メルカリって楽しい!!」という気持ちに火がつきやすかったように思います。

しろもふママ
しろもふママ

初めての取引で1600円の本が750円で売れちゃったもんだから、そりゃあウハウハになっちゃうよね!!

数年間、ただ本棚に眠っていた本がこんな高値で売れるなんて♡

750円で本が売れた場合…

送料(175円 )とメルカリに払う販売手数料(販売価格の1割:75円)が差し引かれ、

利益は”500円”になります。

(※ゆうゆうメルカリ便・ゆうパケットを使用した場合の送料。)

しろもふ
しろもふ

家にただ置いてあった本が500円で売れたら十分じゃない??!

梱包・発送作が必要なので、ある程度の手間と責任は感じることになりますが…

それでも、買い取り専門店で売る場合の何倍も利益が出ると、かなり嬉しさを感じられますよ。

スポンサーリンク

どんな本を売ったの?

わたしが売った本は、主に『ビジネス書』でした。

しろもふママ
しろもふママ

わたしが買ったまま放置していた本やパパが一度読んで本棚に眠らせていた本を3日間で15冊ほど売ってみました!

そのうち9冊が売れて、4500円ほどの利益を得ることができましたよ〜!

売ってみて感じたのですが、やはり『ロングセラーの本』は売れるペースも早く、買ってもらえた値段も高めでした。

しろもふ
しろもふ

何十年も読み継がれている本やMBAスクールの教本なんかは、そこそこ需要があるみたい!出品してすぐに、結構高値で売れたよ☆

 

「これは売れそう!」と思った本が売れなかったり、逆に「え?この本が売れるの?!」みたいなことも結構あったので、とにかくいろいろ売ってみた方が良いと思います!

しろもふママ
しろもふママ

これはちょっとマニアックかな?…と思うような本が、高く売れることもありますよ!

 

もし、「やみくもに出品するのではなく、売れそうな本だけ出品したい!」という場合は、

『バーコード出品』という機能を活用することをご提案します。

しろもふ
しろもふ

バーコード出品??

これは、「商品についているバーコードをスマホのカメラで読み取るだけで、その商品の情報やこのぐらいなら売れるという”参考価格”を表示してくれる」機能です。

しろもふママ
しろもふママ

この機能のおかげで、出品作業がかなり楽になるんですよー!

この『バーコード出品』の機能を使って”参考価格”を調べ、値段が高いものだけを出品する

という方法を取れば、高く売れる可能性が高い商品を選りすぐって出品できます。

しろもふ
しろもふ

100%高く売れるという確証はないけれど、「どれを出品しようか迷う~!」という場合はこの機能を活用してみると良いかもよ☆

スポンサーリンク

本を送る際の送料は?

メルカリには、『メルカリ便』という専用の宅配システムが存在しています。

この『メルカリ便』を使えば、

①宛名書き不要 ②匿名配達 ③配送補償 

…などのサービスが受けられ、発送作業がとっても楽になるんです!

しろもふママ
しろもふママ

この3つのサービスのおかげで、わたしも安心して取引を進められてます☆

 

『メルカリ便』には、

メルカリとヤマト運輸が提携して運営している”らくらくメルカリ便” と、

メルカリと日本郵政が提携して運営している”ゆうゆうメルカリ便” があります。

いずれも”本の発送に適したサービス”を展開しているのですが、以下のように若干の違いがあります。

【らくらくメルカリ便】

ネコポス《A4サイズ・厚さ2.5センチ以内≫ 送料:195円

【ゆうゆうメルカリ便】

ゆうパケット《A4サイズ・厚さ3センチ以内≫ 送料:175円

上述の内容からもお分かり頂けるように、

”ゆうゆうメルカリ便”の方が、厚さが0.5ミリほど多く、送料も20円安いので、

『それほど厚みのない本』を送る時は、わたしは”ゆうゆうメルカリ便”を主に利用しています。

しろもふママ
しろもふママ

『それほど厚みのない本』というのは結構重要なポイントでして、出品する本は”厚さ:3センチ(梱包含め)”に収まるものをなるべく選ぶようにしています!

厚さ:3センチを超えてしまうと、送料がぐんと上がってしまうのです~。

厚さ:3センチを超えても「この本ならある程度利益が出そう!」という場合は、らくらくメルカリ便の『宅急便コンパクト(送料:380円)』を使うのがおススメです。

スポンサーリンク

本を梱包する際に必要な資材は?

わたしが本を送る際に、使用している資材は以下の4点です。

・テープ付きのビニールバッグ

・プチプチ(緩衝材)

・紙の封筒(A4サイズ)

・メルカリ専用の宅配ビニール袋

created by Rinker
サクラパック(Sakurapack)
¥790 (2019/10/18 08:40:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マルアイ
¥540 (2019/10/18 08:40:42時点 Amazon調べ-詳細)

商品リンクを貼ったこちらの3点は、100均で入手することも可能です!

『テープ付きのビニールバッグ』はお菓子のラッピング袋として売られていることもあるので、文房具のエリアに無ければお菓子用品のエリアを探してみると良いと思います。

しろもふママ
しろもふママ

売りたい商品を『テープ付きのビニールバッグ』に入れることで、水濡れ防止になるんですよ!

 

4点目の『メルカリ専用の宅配ビニール袋』は、メルカリ内の「メルカリストア」でしか購入できない資材です。

しろもふ
しろもふ

「メルカリストア」には、メルカリオリジナルの梱包資材がたくさん売っているんだよー!

 

わたしがメルカリを始めたタイミングでは、登録をしただけで1200円分のポイントを貰うことができました。

しろもふママ
しろもふママ

そのうちの1000ポイントは有効期間:2日間というかなり短命なポイントだったんだけど、これを貰えたのはラッキーでした♪

わたしはそのポイントを使って、メルカリストアで梱包資材(上記の宅配ビニール袋など)を購入させてもらいました。

しろもふママ
しろもふママ

梱包資材は買うと「もう後戻りはできない!」という気持ちになりますよ(笑)

 

もし、「梱包に不安があってメルカリを始められない…」「梱包資材ってどんなものを使えばいいの…?」と思って躊躇されているのであれば、

この登録時のポイントを使って、メルカリストアで梱包資材を買ってみることをおススメします。

しろもふ
しろもふ

ここでポイントを活用すれば、梱包資材の購入がタダになっちゃうもんね♪

メルカリストアで売っている資材を使うだけで見栄えが良く見える気がして、自分の梱包に自信を持つことができるようになるのでおススメです(笑)

スポンサーリンク

本の梱包はどうやっているの?

わたしは、本の種類によって2つの方法を使い分けています。

【ハードカバー本の場合】

『テープ付きのビニールバッグ+メルカリ専用の宅配ビニール封筒』を使って梱包しています。

ハードカバー本は分厚いので、プチプチで包むと”厚さ3センチ”の壁を簡単に超えてしまいます。

なので、水濡れ防止の『ビニールバッグ』に入れた上で、紙の封筒よりも丈夫な『宅配ビニール封筒』に包んで送るようにしています。

① 『テープ付きのビニールバッグ』に本を入れる。

② 『メルカリ専用の宅配ビニール封筒』に①を入れる。

③ ①のサイズに合わせて、『メルカリ専用の宅配ビニール封筒』を折りたたんでガムテープで留める。

しろもふ
しろもふ

封筒の中で動かないようにした方が破損防止になるかなと思って、③の作業をやっているよ!

【文庫本・雑誌の場合】

『プチプチ+テープ付きのビニールバッグ+紙の封筒』を使って梱包しています。

文庫本や雑誌は薄いものが多いので、プチプチで包んで補強することが多いです。

① 本をプチプチで包む。

② ①を『テープ付きのビニールバッグ』に入れる。

③ ②を『紙の封筒』に入れ、サイズに応じて折りたたんでガムテープで留める。

しろもふママ
しろもふママ

いまのところ、この梱包の仕方で悪い評価を貰ったことはありませんよ♪

スポンサーリンク

出品は簡単!

送料・梱包について整理できたところで、早速出品してみましょう!

①ホーム画面中央の『出品』ボタンを押す。

 

②『写真を撮る』を選択して、売りたい商品の写真を撮る。

しろもふ
しろもふ

既に撮影済みの写真を使うこともできるよ!

1枚目:表面、2枚目:裏面、3枚目以降:傷・汚れのある箇所など特に伝えておきたい場所 を撮っておくことが多いよ♪

 

③ ②で撮影した写真の内容が解析され、出品する本の候補が表示される。その中から、該当する本を選択する。

本を出品する際には、こちらのような”画像解析機能”を使うことができます。

しろもふ
しろもふ

候補の本の中から該当する本を選ぶと、その商品情報と参考価格が自動的に表示されるよ!

しろもふママ
しろもふママ

上の写真の黄色い網掛け部分は、すべて画像解析で自動表示された内容になります。

自動表示された商品情報だけで出品する方もいますが、わたしは”説明”欄に「何年前に購入して、どのような状態で保管していたか」「傷や汚れはあるか」といった情報を追加して出品するようにしていますよ~!

もし候補の中に該当する本がなければ、”商品がない場合はこちら”を選択しましょう。

そうするとバーコードの読み取り機能が出てきます。

その後、スマホを本の裏面のバーコードにかざせば、商品情報・参考価格を自動的に出してくれますよ!

 

④『配送について』の項目を設定する。

こちらの項目については、1度設定すればその後も情報が引き継がれます。

”配送料の負担”は、「着払い」「送料込み」の2つから選択可能。

”配送の方法”については、以下のような選択画面となっています。

”発送までの日数”は「1~2日」「2~3日」「4~7日」の3つから選択可能です。

 

⑤商品の状態/売りたい値段を設定する。

この2項目については、毎回設定が必要です。

”商品の状態”は「新品・未使用」「未使用に近い」「目立った傷や汚れ無し」「やや傷や汚れあり」「傷や汚れあり」「全体的に状態が悪い」の6段階から選択できますよ!

しろもふママ
しろもふママ

”販売価格”については、参考価格が出ているのでそれを基準に値段をつけています!(完全に無視する場合もたまにあるけど…)

 

これで出品作業は完了です!

あとは誰かが買ってくれるのを待ちましょう♪

しろもふ
しろもふ

1日経過しても売れなかったら、こっそり値下げしたりしてるよ~★

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「メルカリで本を売ると儲かるよ☆」という記事を書かせていただきました。

まとめると、こんな感じです。

・梱包が簡単!送料が安い!メルカリ出品のはじめの一歩は”本”がおススメ。

・本を送るなら「ゆうゆうメルカリ便」のゆうパックを使うべし!

・出品する本は、梱包も含めて”厚さ3センチ以内”に収まるものをチョイスしよう!

・ロングセラーの本は狙い目!でも、とりあえずなんでも売ってみよう★

・画像解析/バーコード出品機能を活用すれば、出品も簡単になるよ♪

メルカリ、始めてみると本当にはまります。

しろもふ
しろもふ

びっくりするぐらい物が売れるよ!

物を捨てられない性格の人も、メルカリで物を売る快感を知れば片づけが進むようになるかも…?

しろもふママ
しろもふママ

わたしが実際そうでした!

 

登録時にポイントがもらえるかも!と前述しましたが、

『友達紹介』の制度を使えば、確実に300ポイントをゲットすることができます!

しろもふママ
しろもふママ

メルカリの登録時に、わたしの紹介コード「JATXMQ」を入力すれば、あなたとわたしに300ポイントが付与されます!

梱包資材を購入する足しになると思うので、ぜひこちらの紹介コードも活用してみてくださいね!

暮らし
スポンサーリンク
最後まで読んでくださってありがとうございます!ぜひ、シェアもお願いします♡
しろもふママをフォローする
スポンサーリンク
しろもふらいふ

コメント